インプラント専門・医療法人正法閣 都クリニック
ブログ
  • HOME »
  • 金属を使わない歯科治療

金属を使わない歯科治療

金属を使わない歯科治療(メタルフリー治療)

患者様の口の中に金属を使うのをやめて行こうよ!

最近本当によく勉強しているドクター仲間の間でよく取り交わされる言葉があります。

それは「いい加減、患者様の口の中に金属を使うのをやめて行こうよ!」です。

日本の歯科保険治療は本当に安く、その事は素晴らしいと常々感じています。

何でもほんの少し前の時代では大金持ちだけが歯医者にかかれたそうです。

ジルコニア

しかし近年続々と開発された素晴らしい材料や、安全で遥かに美しいジルコニアなどの出現により、正しい情報を発信していくことが私達の責任と考えます。
一般に 歯科治療では、金属を多用しています。

保険治療で使用する金属

特に保険治療で使用する金属は通称金パラと呼ばれJISマークを表示するために成分が決められていて重量で

・金が12%以上
・パラジウムが20%以上

含まれていることが決められています。

そのほかの成分は商品によって異なりますが

・銀が大体50-60%くらい、
・銅が10-15%くらい、
・インジウム、スズ、亜鉛などが微量、あわせて1%くらい

含まれています。

つまり銀が最大の成分ですから、ざっくり言ってしまえば銀合金です。

この金パラの成分の割合を変えればもっともっと物理的性能も体に対する安全性も高めることができるのですが残念ながら保険診療の中ではすることができません。

国民皆保険制度

日本には国民皆保険制度というものがあり、日本全国どこでも一応同じレベルでそこそこの内容の医療がすべての国民に提供されるような仕組みになっています。
この「保険」という枠組みの中では強度や安全性などの点、価格の点から見ても妥当だとは思います。

近年のネット社会では情報が素早く行き渡り、金属アレルギーや金属色の見た目を 気にされる方が増え、 金属を使用しない歯科治療をご希望の患者様が増えています。

金属のかわりに歯を補う材料

セラミックは、 生体親和性の高い、体に優しく美しい歯科材料で、金属のかわりに歯を補う材料として、広く使用されてきました。しかし従来のセラミックでは、強度関係上、内部に貴金属の補強が必要な場合がありました。

ジルコニアの場合は、金属を超えた十分な強度と靭性があるため、 従来では難しかった症例でも、金属を使わない治療即ちメタルフリーの治療が可能です。

▲金属を使わない歯科治療のTOPへ

歯科金属アレルギー

生体の正常な異物に対する拒絶反応

ピアスで穴を開けて直ぐに、穴が閉じないように銀のピアスで固定する事が有ります。この時穴の周囲が赤く炎症を起こしたり、爛れて潰瘍になる人もいます。

これは生体の正常な異物に対する拒絶反応です。

口の中の金属でも同じ反応を起します。生体親和性の良い材料の必要性は正にこうした体の声を聴くことが基本なのです。

増えている金属アレルギー

もっと大きな問題として、最近歯科金属アレルギーが増えている印象があります。

歯科金属アレルギー治療の流れ

口腔内の金属アレルギーは、金属を入れてから数十年後、突然発症することも多くすぐに症状が現れるとは限りません。
金属そのものは生体に対してアレルギー性を示しませんが、溶け出してプラスイオンとなり体の蛋白質と結合することによって、それを異物とみなした体が過剰反応を起こすのです。
原理は花粉症やアトピーと同じで、特殊なものではありません。

現在、反応のない方でも、口の中の金属によって、アレルギーになってしまう可能性があります。口の中に金属が存在し続ける以上、金属アレルギーになる危険性に常にさらされていることになるのです。

人体にとって安全性の高い順

生体親和性の高い順、言い換えれば人体にとり安全性の高い順はセラミック、チタンがズバ抜けて良く、次点で白金、金などの貴金属逆にアレルギーを起こしやすい金属として、ニッケル、コバルト、水銀などが挙げられます。

金属アレルギーでお悩みの方、予防したい方はアレルギーを起こす物質を除去し、起こさない物質と交換することを、おすすめ致します。

▲金属を使わない歯科治療のTOPへ

ジルコニアとメタルフリー治療

ジルコニアとは?

今から数年前、文字通り日本歯科界トップクラスのドクターの研修会で、世界中の潮流として、これからの治療はジルコニアとCAD/CAMの時代になる。と話題騒然でした。

ジルコニアとは、酸化ジルコニウムを安定化させたセラミックで、人工ダイアと結晶構造は異なりますが、ほぼ同じ成分で出来ています。

強度としなやかさ、美しさを兼ね備えた、理想的な歯科材料です。

ジルコニアが歯科で使用されるようになったのは日本では最近ですが、ヨーロッパ、アメリカでは、その優れた強度と性質から「白いメタル」とも称され、オールセラミック治療の主流です。

歯科以外の分野でも使用

歯科以外の分野では、ジルコニアはスペースシャトルの断熱保護材、高級外車、F1カーのブレーキ部分など、様々な用途に用いられています。 また、医療用途としては、人工股関節の球状骨頭部などに、10年以上前から使用されてきました。
ジルコニアは、従来のセラミックの課題点と金属の弱点を克服した、優れたファイン・セラミックなのです。

ジルコニアの特徴

ジルコニアは金属より硬く、重さは金の三分の一程度と軽いのも特徴の一つです。そしてここが最も大切なポイントですが、生体親和性が高く、アレルギーの原因になりません。

従来、日本の自費で行う歯科治療は金属に裏打ちされたセラミック、通称メタルボンドが中心でした。
ジルコニアの出現で、この流れが大きく変わりつつあります。

ジルコニア

ジルコニアの価格 105,000円

ジルコニアの全国の平均的な治療費は大体10万-20万円と言われています。
都クリニックでは従来のメタルボンドと同等の価格で提供致します。

※CAD/CAM=Computer aided design/ Computer aided manufacturing milling の略。
コンピュータ支援によって製品の設計か ら均質な製品を生産・管理するシステムで、CAD 装置とCAM装置で構成されています。まず、CAD 装置が歯の補うべき部分の形状、支えにする歯、模型などから情報を収集し、三次元の数値データに変換してコ ンピュータ上で修復物の形状を設計します。そして、その設計に基づき、CAM装置がセラミックスやチタ ンブロックなどの種々の材料から、治療物を製造します。

▲金属を使わない歯科治療のTOPへ

メタルフリー治療(ファイバーコアー)

神経を取った歯の治療では被せる前に強度を保つため土台(コアー)を入れます。

従来のメタルコア

従来の金属のコアー(土台)に変わり、グラスファイバー製のコアを用いることで、メタルフリー治療が可能です。
金属のコアーは硬く、噛み合わせの強さによって、根っこが破折してしまう場合がありました。

ファイバーコアは、歯の象牙質と弾性係数が近く、歯根への負担を最小限に抑えることができます。 更に、金属アレルギーの心配がありません。

従来の金属コアとファイバーコア

ファイバーコア       15,750円

▲金属を使わない歯科治療のTOPへ

補綴治療の流れ(補綴=かぶせ物)

補綴治療の流れ(補綴=かぶせ物)

※1 虫歯が深いと根の治療(約1ヶ月4回)も必要になります。

・被せものが欠けてしまった。取れてしまった。
・昔の金属の被せものを白い歯にしてほしい。
・食事の時に噛みにくい。

患者様のお悩みをお聞かせください。

補綴の種類については見本がありますので受診時にお気軽にお問い合わせください。

▲金属を使わない歯科治療のTOPへ

PAGETOP
Copyright © 都クリニック All Rights Reserved.
Powered by ブログdeデンタルBiZ