インプラント専門・医療法人正法閣 都クリニック
ブログ
  • HOME »
  • 矯正歯科

矯正歯科

私は矯正治療が必要なの?

自分の歯並び・噛み合わせで気になるところはありませんか?

例えば歯並びに凸凹があると見た目の問題だけでなく、虫歯や歯周病になりやすく、歯が悪くなるリスクが高いと言えます。 

きれいな咬み合わせ

きれいな咬み合わせ

その他にも、いわゆる受け口や出っ歯、前歯が噛み合っていない状態など、様々な不具合がありますが、どれも見た目だけでなく、何らかの機能面での問題があり、それらを改善することにより食事や発音がしやすくなったりという事につながります。 

ご年輩の方で、自分の歯がたくさん残っている方のほとんどは、きれいな歯並びの方です。

八重歯

いわゆる八重歯です

上あごが前に出ています

上あごが前に出ています

下あごが前に出ています

下あごが前に出ています

矯正治療の一番の目的は自分の歯を長い間使えるようにということなのです。自分の歯で良く噛めるという事が、長く人生を楽しめることにつながるでしょう。 

いつ頃、開始したらよいのでしょう?

治療の時期は二つに分かれる

治療段階は、永久歯と乳歯が混ざっている時期の治療(第一段階)と、永久歯がそろってからの治療(第二段階)に分けて考えます。 

第一段階(早期治療):顎の成長・歯の生え変わりを望ましい状況に近づける事第二段階(本格的治療):ブラケットと呼ばれる装置を歯に付ける事により、より望ましい噛み合わせを得る事また、治療に必要な期間は第一段階では半年~2年、第二段階では1年半~2年程度と思われます。

透明ブラケット金属ブラケット

左:透明ブラケット 右:金属ブラケット

第一段階治療(早期治療)が必要な場合

顎の成長や歯の生え変わりに問題があると考えられる場合は、小学校低学年ぐらいから治療を行います。

一般的に受け口などはこの時期から治療が必要な事が多いようです。すぐにアプローチしなくて良い場合でも、しばらく定期観察を行う事が望ましいでしょう。 

いわゆる、乱ぐい歯や凸凹でスペースが足りなくなることが予想される場合、この時期から適切にアプローチを始めれば、永久歯を抜かずに治療を進める事ができる可能性が増えます。

具体的には歯列の適切な拡大や奥歯の後方への移動を行います。

成人の矯正治療

最近では成人になられてから治療を開始される方が増えています。

基本的には永久歯がしっかりさえしていれば、いつでも治療は始められますが、経年的に虫歯が発生したり歯周病で歯を支える骨が弱くなったりという事がありますので、できるだけ早めにアプローチする事をオススメします。

矯正料金について

治療の費用はケースによって変わりますが矯正の検査料30000円基本料金がおよそ

75~80万円、月一回の調整料が3000円です。

矯正治療の流れ

都クリニックで矯正治療をする場合

矯正治療の流れ

成人矯正治療

(基本料金750,000円~800,000円)

小児一期治療

乳歯と永久歯が生え変わる時期に行う治療
チェックは1~3ヶ月毎

小児二期治療 

全て永久歯の生え変わってから行う治療
チェックは3~5週間毎

記載の金額は全て税抜きです

PAGETOP
Copyright © 都クリニック All Rights Reserved.
Powered by ブログdeデンタルBiZ