インプラント専門・医療法人正法閣 都クリニック
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 歯周病

タグ : 歯周病

歯科診療と妊娠01~母子手帳を活用しましょう~

妊娠すると市町村から母子健康手帳を受け取ると思います。

母子健康手帳には、妊娠中~出産~出産後の妊婦の健康状態や、アドバイス、出産の重要事項、生まれてきた子供の健康状態などが記載されます。

また、生まれてきた子供の成長記録や予防接種の記録にも使われます。

母子健康手帳

妊娠中も歯科検診をしたほうがいいの?

妊娠をするとお腹の中の赤ちゃんに害があるのではないか、、、と思い虫歯があっても歯医者さんに行かない方がいますが、それは間違いです。

妊産婦歯科検診って?

定期的に行われる妊婦健診では、お口の中の状態までは見てくれませんよね?

そのため、ご自身で歯医者へ行き歯科検診を受けてもらうか、自治体によっては歯科検診費用の助成や、母子手帳を受け取るときに合わせて歯科検診を行ったり、案内を受けることが多いようです。

気になる方は市役所や保健所の方に問い合わせてみてください。

ではどうして妊娠すると歯科検診したほうがよいのでしょうか?

詳しくお話しします。

1.妊娠中に虫歯や歯周病が進む

妊娠中は女性ホルモンが多く分泌されます。このホルモンはお口の中にも影響を及ぼすため、歯周病になりやすくなります。

また、つわりがひどい方などは歯磨きを入れるだけでも気持ち悪いと感じられる方も多くいます。その結果お口の清掃状態が悪く、細菌が増えることで虫歯が悪化したり、歯茎が腫れたりというトラブルにつながります。

2.歯周病の悪化で胎児に影響が!

重度の歯周病になるとお腹の中の胎児にも影響が出てきます。歯周病は歯の周りの組織が細菌感染することで起こります。

この細菌がお母さんの血液を通って子宮内に感染してしまうことで、低体重児出産や、早産の危険性が高まると言われています。

3.口腔内をキレイに保ちましょう

先ほどもお話ししたように、つわりが原因でお口の中の清掃状態が悪かったり、虫歯があるのにそのままにしていると産まれた赤ちゃんに虫歯菌が移ってしまいます。

よく知られているのが、スプーンなどを親子で共有すると唾液の中の虫歯菌が赤ちゃんに移ってしまうというものです。

出産後は育児が忙しく歯医者に行く時間をとるのも難しくなります。

そうならないためにも、赤ちゃんが産まれる前にしっかりと治療しておきましょう。

歯周内科について

歯ぐきの健康は、からだの健康に直結していることがわかってきました。

家族と医療

日本人の平均寿命は世界トップレベルですが、健康寿命は70歳前半です

寝たきり期間も世界トップレベルです!

お口の中には、あらゆる細菌やカビが存在しますが、その中でも歯周病原菌は歯周病(歯槽膿漏)のみならず、血液を介してあなたの全身を巡り、結果として全身疾患(心臓病・脳血管疾患・糖尿病など)に大きく影響を与えていることが判ってきました。

あなたの健康寿命を延ばしましょう!

厚生労働省も全身疾患予防における口腔内ケアを重視しています。

健康寿命は、単に寿命を延ばすのではなく、健康に長生きすることを重視する考え方に基づき、世界保健機関(WHO)が00年に提唱した。

各国の平均寿命

若年層も危ない

厚生労働省が3年ごとに実施している「患者調査」の平成26年調査によると、「歯肉炎及び歯周疾患」の総患者数(継続的な治療を受けていると推測される患者数)は、331万5,000で、前回の調査よりも65万人以上増加しました。

性別では、男性137万3,000人、女性194万2,000人で、女性の方が男性よりも多くなっています。

歯周病への関心とメンテナンスの重要性が徐々に国民に浸透し始めています。ただ、若年層にも歯周病の患者が生じています。

歯周病の有病率

厚生労働省「平成26年患者調査の概況 」より

都クリニックでは歯周病の原因となる細菌をDNA検査によって数値化し、さらに顕微鏡動画で直視、適切な投薬を行うことでお口の歯周病菌を除去し効率よく口腔内環境を改善するプログラムを用意しています。

DNA検査

口腔内環境改善プログラム

この治療のために守っていただきたいこと

1.治療後のサポート

歯周病治療後、健康な歯と歯ぐきを維持していただくため定期健診(メンテナンス)を必ず受診していただきます。

2.禁煙のお薦め

喫煙される方はお口の血管が細くなっている場合があり、免疫機構が十分に働かず、処方の投薬の効果が十分に発揮できないことがあります。

3.保険診療による歯周病内科治療もできます。詳しくは当院スタッフへ。

守っていただきたいこと

歯周病(歯槽膿漏)は痛みの少ない疾患です。
少しでもご心配のあるときはいつでも御相談ください。

認知症と歯の関係

みなさん「認知症」という病気を聞いたことがあると思います。

認知症と歯には関連性があることをご存知でしたでしょうか。

高齢者

認知症とはどのような病気?

認知症は年齢を重ねるにつれて脳の働きが悪くなり、脳の細胞が死んでしまう病気です。認知症は70歳以上の方の中で2番目に多い障害疾患と言われています。昔は日本では「痴呆」と呼ばれていました。

認知症にも種類がある

認知症の中にもいくつかの種類があります。

例)アルツハイマー型、前頭側頭型認知症など

認知症と歯科との関連性

今回は認知症と歯科の関連性についてお話しします。実は歯がない人は認知症になる確率が1.9倍にもなるといわれています。ではいったいどうしてでしょう。

歯がないことで脳に悪影響が

人間は物を食べるときに脳を刺激します。そのため、歯がなかったり、残存歯が少なかったりすると学習能力や記憶をつかさどる脳などが刺激されなくなり、悪い影響を与えるといわれています。

食事をするときは意識して噛む

このように歯は物を噛むだけではなく、脳への刺激を与える働きもあります。また、物を噛むときに噛むことを意識しないで食べるのと、意識して食べるのでは脳への刺激も変わってきます。脳に良い影響を与えるためにも噛むことを意識して食事をするのもいいかもしれません。

残存歯がない人は・・・・

では、今歯がない人はどうしたらよいのでしょうか。

その場合は、インプラントで人口の歯を入れる、難しい場合は入れ歯を入れるという措置をとり、きちんと噛めるようにしましょう。

歯周病と認知症の関係

歯周病が認知症の原因であるという指摘が増えてきているのは確かなことです。歯周病で歯を早くに失うことは認知症のリスクを高めることにつながるのです。

歯周病は、糖尿病や脳梗塞などといった全身の病気にかかわります。

 

このように歯はお口の中だけでなく全身と関係しています。

しっかりと口腔ケアをしていきましょう。

 

私は矯正治療が必要なの?

自分の歯並び・噛み合わせで気になるところはありませんか?

例えば歯並びに凸凹があると見た目の問題だけでなく、虫歯や歯周病になりやすく、歯が悪くなるリスクが高いと言えます。 

きれいな咬み合わせ

きれいな咬み合わせ

その他にも、いわゆる受け口や出っ歯、前歯が噛み合っていない状態など、様々な不具合がありますが、どれも見た目だけでなく、何らかの機能面での問題があり、それらを改善することにより食事や発音がしやすくなったりという事につながります。 

ご年輩の方で、自分の歯がたくさん残っている方のほとんどは、きれいな歯並びの方です。

八重歯

いわゆる八重歯です

上あごが前に出ています

上あごが前に出ています

下あごが前に出ています

下あごが前に出ています

矯正治療の一番の目的は自分の歯を長い間使えるようにということなのです。自分の歯で良く噛めるという事が、長く人生を楽しめることにつながるでしょう。 

いつ頃、開始したらよいのでしょう?

治療の時期は二つに分かれる

治療段階は、永久歯と乳歯が混ざっている時期の治療(第一段階)と、永久歯がそろってからの治療(第二段階)に分けて考えます。 

第一段階(早期治療):顎の成長・歯の生え変わりを望ましい状況に近づける事第二段階(本格的治療):ブラケットと呼ばれる装置を歯に付ける事により、より望ましい噛み合わせを得る事また、治療に必要な期間は第一段階では半年~2年、第二段階では1年半~2年程度と思われます。

透明ブラケット金属ブラケット

左:透明ブラケット 右:金属ブラケット

第一段階治療(早期治療)が必要な場合

顎の成長や歯の生え変わりに問題があると考えられる場合は、小学校低学年ぐらいから治療を行います。

一般的に受け口などはこの時期から治療が必要な事が多いようです。すぐにアプローチしなくて良い場合でも、しばらく定期観察を行う事が望ましいでしょう。 

いわゆる、乱ぐい歯や凸凹でスペースが足りなくなることが予想される場合、この時期から適切にアプローチを始めれば、永久歯を抜かずに治療を進める事ができる可能性が増えます。

具体的には歯列の適切な拡大や奥歯の後方への移動を行います。

成人の矯正治療

最近では成人になられてから治療を開始される方が増えています。

基本的には永久歯がしっかりさえしていれば、いつでも治療は始められますが、経年的に虫歯が発生したり歯周病で歯を支える骨が弱くなったりという事がありますので、できるだけ早めにアプローチする事をオススメします。

矯正料金について

治療の費用はケースによって変わりますが矯正の検査料30000円基本料金がおよそ

75~80万円、月一回の調整料が3000円です。

歯周病は感染症

若年性歯周炎も増えている

成人の約90%が知らないうちに感染していると言われている歯周病。

最近では10代~20代で歯周病になる患者さんも増えています。(若年性歯周炎)

歯周病は自分がなっていなくても、家族や他人、ペットから感染する可能性があります。

歯周病は感染症

知っている方も多いかもしれませんが、歯周病は箸の使いまわしやキス、飲み物の飲みまわしなどで感染してしまう可能性があります。

もちろんお子さんがいる方がスプーンの使い回しなどをしただけでうつります。

例えば結婚されている方で、旦那さんが歯周病だったとしましょう。奥さんが歯周病でなくても、旦那さんからキスなどで菌がうつります。奥さんの免疫力が落ちている時や、疲れているときなどに発症する可能性があります。そのため、夫婦やカップルで歯周病の予防を行う事がよいでしょう。

では、歯周病を他人にうつさないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

◎お口の中のキレイな状態を保つ事!!

つまり、お口の中にプラークや汚れを貯めずに清潔にする事が大切です。

先ほど歯周病はキスや箸の使いまわしなどでうつるといいましたが、感染したからといって歯周病が発症するとは限りません。

歯周病に感染し、体力が落ちていたり、抵抗力が落ちている時に発症します。

子どもは歯周病にならないの?

最近、子どもの歯肉炎が増えてきています。子どもの歯周病ってあまり聞きませんよね?

子どもは大人に比べると歯周病になるリスクが低いと言えます。しかし、子どもがかからない病気ではないということを知っておいて下さい。そのため、小さいうちからしっかりお口の中を清潔にし、定期検診を受け、キレイな口腔環境を維持する事が大切です。

ペットからもうつるの?

お家に犬や猫などのペットを飼っている方も多いと思います。ペットも家族の一員ですが、犬や猫にお口の周りをなめられたりすることでも感染の可能性がありますので注意して下さい。

このように、歯周病は感染症です。自分やパートナー、子どものお口の中の健康を保つ為にもしっかり口腔ケアしていきましょう。

お薬で治す歯周内科はこちらへ→

Q7 最近歯茎がやせてきたのですが、歯周病でしょうか?

Q7 39才の主婦です。最近歯茎がやせてきたのですが、歯周病でしょうか?また、通院すれば回復するでしょうか。

A

予防歯科

歯茎がやせる、歯を磨くと血が出るなどの症状は典型的な歯周病といえそうです。現在わが国の成人が歯を失う原因の大半は歯周病と言われています。

歯周病は歯槽膿漏という俗称で呼ばれていましたが歯垢(プラーク)が原因の骨の病気です。

プラークを放置すると歯肉炎を発症しさらに歯周ポケットと呼ばれる溝ができプラークが唾液中のカルシウムと一緒になり歯石が沈着します。

こうなると歯茎の中まで細菌が入り込み歯を支える昏(歯槽骨)をどんどん溶かし最後は歯がぐらぐらとなり抜け落ちてしまいます。

歯そのものがどんなに健康でも土台が崩れてはひとたまりもありません。歯周病のもっとも恐ろしい点は多くの場合ほとんど無痛のまま進行して突然最後がやってくることです。

虫歯のように”痛みという大きなサインが少ないのです。治療のポイントは予防につきます。

定期的(6ケ月に1回ほど)に検査(歯茎の溝の深さ【歯周ポケット】を測る)と治療(正しいブラッシングの指導を受け清潔にして歯茎に隠れた歯垢や歯石を除去する)を繰り返します。

検査も治療も痛くなく時間もお金も余りかからないので面倒がらず、歯周病の克服こそ一生自分の歯で食べるための最大のポイントと言うことを強く自覚してください。

Q2 現在妊娠4ケ月です。私自身歯が弱かったので、歯の丈夫な子を産みたいのですが、歯の質は遺伝しますか?

Q2 現在妊娠4ケ月です。私自身歯が弱かったので、歯の丈夫な子を産みたいのですが、歯の質は遺伝しますか?また、妊娠中に注意することはありますか?

妊婦さん

A

歯も人体の一部ですので、当然遺伝によってかなり左右されます。特に虫歯、歯周病、歯並び、歯の形などは遺伝の影響が少なくありません。 

歯の質にも遺伝の要素はありますが、最近になってわかってきたことでは口の中の細菌の種類とバランス、唾液の性状などが異なることが虫歯のできやすい人と、そうでない人との大きな差ではないかと考えられています。

ほとんど歯を磨かなくても虫歯にならない人もいれば、毎日3回きちんと丁寧に磨いても虫歯だらけの人がいるのは、こうした理由もあるようです。 

妊娠中の注意事項は、Q1「子どもを産むと歯がボロボロになるの?」で詳しく触れていますが、少し追加いたします。

妊娠中、母親の健康状態が悪いと、赤ちゃんの歯の硬組織(エナメル質など)が、うまく形成されず、生まれつき虫歯になりやすい歯となります。また、ビタミンAやDの不足は、赤ちゃんの歯や骨の成長を妨げます。 

これらは、いずれも遺伝とは関係ありません。

ここで大切なことは虫歯のなりやすさは多くの因子の中のほんの一部だということです。例えば食べ物や清掃といった他の因子と複雑に関係しているのです。

最新の歯科予防って?

歯周病を薬で治す

(図1歯周病菌の顕微鏡像)
20141118a.png

お口の中の細菌

これが当院が取り組んでいる最新の治療法です。

お口の微生物のDNA診断(リアルタイムPCR法)と位相差顕微鏡を用いてお口の中の微生物の量や種類を調べ、検出された細菌に合わせてお薬を投与する方法です。

更に歯周病の原因となるカビが見つかった場合は抗カビ成分が入った歯磨き粉の使用勧めております。

メリットとしては、薬剤による内服療法や薬剤塗布療法は身体から微生物を追い出すためには簡単かつ効果的です。

深い歯周ポケットであっても、血液から白血球が薬を運んでくれるので、外科的に歯茎を切り開いて掃除するflap手術を行わずに済むことができています。

軽度の歯周病の場合は、歯周病の進行を抑えるため、最適な予防法とも言えます。

DNA検査キット

DNA検査キット

薬を使った歯周病治療(歯周内科治療)を行うと、術前と術後の位相差顕微鏡の像に大きな変化が起きます。

その変化が起きる確率は実に90%以上、まさに劇的と言える変化です。

歯周病を薬で治る

また、口腔内の細菌数を短期間に大幅に減らすことが出来るので、歯科治療に入る前に口腔内の環境を整えることができ、更にその後の歯科治療も安全かつ、スムーズに進めることができます。

従来の歯周病治療は微生物を取り除く為に外科的な治療法をすることが主体となっています。しかし外科的治療法だけでは、歯科医師の高い技術に加え、患者さん自身もプラークコントロールをうまくできるという条件下でないと良い結果は出るとは限りません。

そのため治療が長引く割に軽快しないケースも少なくはありませんでした。そのため、口腔内の環境が整わない状態から歯科治療を始めなければならない状態になりがちでした。

位相差顕微鏡

歯科治療は削ったり、切ったりということが多い治療です。  微生物が多い状態でそのような治療をしてよいものでしょうか。

以前からお口の中に感染してる微生物が心臓病や糖尿病や早産やそのほか内科的な病気に密接に関連しているということを指摘されてました。不潔な状態で行う歯科治療がいろいろな病気の引き金になっているかもしれないのです。

当院では、口腔内の微生物の状態をしっかり確認し、口腔内環境を整えたうえで歯科治療を開始するように勧めております。

お口の中の菌

お口の中の菌いろいろ

大きくて食べられないバイ菌の代表 カビ(真菌)

バイ菌というよりカビが多いようです。カビの中で特に代表的なのがカンジダというカ ビです。口の中にカビ?と思う人も多いでしょうが、実は歯垢(プラーク)の中はカビだらけという感じです。

カンジダアルビカンス

高齢者の歯の根の虫歯の歯 垢(プラーク)中には大きいカンジダアルビカンスが多い。

逆に白血球を食べてしまうバイ菌 原虫

これもバイ菌というより原虫という虫の仲間です。歯肉アメーバというもので、口の中以外にも、いろいろな場所に住んでいます。位相差顕微鏡で見るととても大きくて、歯周病が重症の患者さんのお口の中にはたくさんいます。白血球をたくさん食べています。

歯肉アメーバ

歯肉アメーバ   白血球をたくさん食べています。

白血球に食べられないバイ菌にはどんなバイ菌がいるのか?

動きが速すぎて食べられないバイ菌 細菌

トレポネーマ デンテイコーラ 位相差顕微鏡で見ているととにかく動きが早い。その上に食べられないような物質まで出します。このバイ菌がいると、他のバイ菌も非常に増えてきます。歯周病がひどい患者さんのお口の中には、とにかくたくさん住んでいます。

バイ菌の中では特別な形をしているのですぐに見分けがつきます。

トレポネーマ デンテイコーラ

らせん状に動くバイ菌がトレポネーマ デンテイコーラ

歯周病が重症の患者さんに 多くみられます。

食べられないような物質を出すといわれているバイ菌 細菌

・ポルフィノモナス ジンジバーリス
 一番、歯周病に関係しているらしいといわれている菌でとても強い臭いを出すと言われています
・プレボテラ インターメディア
 女性ホルモンが大好きで女性ホルモンによって、より発育が促進されるといわれています。その為女性の思春期性や妊娠性の歯肉炎を起こすといわれています。
・アクチノバシラス アクチノミセテムコミタンス
 あんまり多くはないけれど感染するとひどい歯周病になると言われています。

以上の菌は暗い酸素の少ないところが大好きで、酸素に当たると死んでしまいます。そのため、歯ぐきの深いところへ、潜り込もうとする性質があります。


大きくて早いバイ菌  原虫

これもバイ菌というより原虫という虫のなかまです。口腔トリコモナスという虫です。
不思議なことにバイ菌を食べています。では、人間にとって役に立つのかというとそうでもないようで、歯周病が重症の患者さんのお口にしかいないようです。

口腔トリコモナス

口腔トリコモナス

細菌を食べていますが、歯周病の重症の患者さんによく見られます。

解 説:微生物(小さい生き物)の中に細菌、カビ(真菌)、原虫などの分類があります。しかし、わかりにくくなるので、微生物をバイ菌と表現しています。この本ではこれからの記述でバイ菌という表現は細菌、真菌、原虫の総称と理解しながら読んでください。また、細菌の中には人間の体と共に生きて役に立つ細菌もいます。このような細菌を善玉菌と表現します。逆に人間にとって、害になる細菌もいます。これらの細菌のことを悪玉菌と表現しています。

▲歯周病の治療のTOPへ

PAGETOP
Copyright © 都クリニック All Rights Reserved.