インプラント専門・医療法人正法閣 都クリニック
投稿
  • HOME »
  • 教えてドクター

教えてドクター

6月23日 中日新聞 教えてドクターQ&A

中日新聞 教えてドクターQ&A

教えてドクターQ&A

Q 「最近歯ぎしりをしている」と言われましたが、予防法はありますか?また、し続けるとどうなりますか?

A 20世紀終盤からアメリカを中心に脳科学やストレスの研究が急速に進み歯ぎしりに関してもいろいろなことがわかってきました。

大部分の原因は日中のストレスで、歯ぎしり自体は情動的反応であり、ストレス抑制効果が極めて強く、交感神経抑制剤と同等と言われています。

歯ぎしりは必要悪であり、完全禁止してしまうと脳にストレスが蓄積し、人体に多大な弊害をもたらします。

歯が折れたり割れたり抜けたり(夜間の歯ぎしりは食事咬合力の2~3倍の力がかかると言われています。)顎関節障害、頭痛等看過できない実害がある場合に治療の対象となります。完全には禁止させず、人体に有害なダメージがかからない程度に優しくカバーすることを目的とし、夜間のガード(ナイトガード「保険適用」)を目的とした治療をします。

ストレスは発散させますが、歯が壊れないようにいいとこ取りをするわけです。

治療サイドが十分に勉強している場合、(細菌による症状か力による症状を普段から根本的に考えている場合)口腔内のいろいろな場所に歯ぎしりによる力がかかっていることが視診、レントゲンでもかなりはっきり分かるため、慎重なドクター選びは欠かせません。

滝高校、公立九州歯科大学卒業。

京都大学医学部口腔外科入局。

口腔腫瘍・顔面外傷の口腔外科専門医として多くの外科手術を担当。福井県立病院歯科口腔外科医長を経て各務原市で口腔外科クリニックを開業。

現在は、DNA検査を用いた歯周病治療や、人工骨を用いた再生医療インプラントに多くの実績を持つ。

3月23日 中日新聞 教えてドクターQ&A

3月23日 中日新聞 教えてドクターQ&A

Q

小学一年生の男児の母です。受け口が気になり歯科医院を受診したところ、「将来、手術を含めた矯正が必要になるかもしれませんが、しばらく、様子をみましょう。」と言われました。
今、できる治療は、ありませんか?

A

どんな世の中であろうと日々の生活の中で大切にしてほしいことがあります。

①全身を使ってしっかり動くこと
②唇を閉じて鼻呼吸をすること
③前歯を使って食物を噛みちぎる動作がたくさんあること

正しく筋肉を動かすことで正しい形態に骨が成長していきます。つまり、正しい機能が、正しい構造を作ります。しっかり成長した顎の骨に、はじめてきちんと歯が並びます。

正しい顔の成長とは、前方成長。下に長く伸びるのではなく、鼻・上顎のある部分(顔面の真ん中三分の一)が、しっかり前方に成長することが大切です。日々の生活で、刺激が少なければ骨は理想的に成長することができず、たわんだり歪んだりして歯が並ばなくなります。

お子さんの毎日に①~③は、しっかりありますか?
「ランパ矯正」は、顔面にマスクを12時間以上装着する要はありますが、前上方への力を加え、骨の歪みを取り、正しい成長を促します。
保険は利きませんが、正しい構造を子供たちに医療として提供できる新しい治療です。

歯科医師 丸尾 友紀(都クリニック)

歯科医師 丸尾 友紀

兵庫県立長田高校、大阪大学歯学部出身、兵庫医科大学歯科口腔外科研修後、都クリニック勤務。

たくましく生き抜くために命の上流である口腔内をいかに育成するか興味の赴くままに勉強。

RAMPAセミナー8期生。
CHILDENTセミナー受講中。

自然育児学校講師。奇跡を起こす子育てオンラインサミット登壇。
実体験に基づく討論会は、各地で人気。

12月22日 中日新聞 教えてドクターQ&A

12月22日 中日新聞 教えてドクターQ&A

Q

24歳妊婦です。美しい歯並びの子に育てたいのですが、私にできることはありますか。

A

歯並びは成長の履歴書です。子供の命を育む大人ができることはたくさんあります。

・胎生期日やわらかくあたたかい子宮でいてください。命にとって温度は大切です。

・哺乳期‥母乳でも人工乳でも、赤ちゃんの唇が朝顔の花のように外側に向かって大きく開き深く乳首をくわえた状態で哺乱します。毎回毎回この形で哺乳することで顎が大きくなり噛む筋肉が育ちます。

二~二歳手づかみ食べ、前歯がぶり(前歯で咬みちぎる食事)が基本です。手と口を使えば使うほど脳は成長します。

言葉もしっかり話せるようになります。

三歳以降‥前歯がぶりを続けましょう。食卓に水分は置かず、自分の唾液を使うことを覚えさせます。人間は、上から下に、中心から末端に成長していきます。上である口に刺激を与えるとともに体の中心である骨盤をしっかり動かす外遊びも大切です。

食べること、動くことをたくさん味わって成長した子供は、一生良い歯並びでいるための三条件

①良い姿勢
②鼻呼吸
③舌が上顎についている。

を自然に獲得しています。

便利で動かなくても生活できるようになってしまった現代、愛情と共に適切な負荷をかけてあげることが健やかな成長へ導く鍵だと感じています。

9月24日 中日新聞 教えてドクターQ&A

9月24日 中日新聞 教えてドクターQ&A

Q

軽度の睡眠時無呼吸症候群と診断されました。歯科で安全な治療があると聞きましたがどのようなものでしょうか?

68歳男性

A

睡眠に問題がある人は成人の70%を超えるというデータがあります。睡眠時無呼吸症候群(以降SAS)は寝ているときに筋肉が緩み下顎と舌の後退で気道が塞がれ呼吸が止まってしまう病気です。近年生活が便利になる一方肉体の退化が加速しSASも急増(300万人以上と推計、実際はもっとはるかに多いのではないかと類推)しています。

最新の治療法ではファンクショナルプレート(以降FP)(自費診療)と名づけられた取り外し装置を睡眠時のみ口腔内に装着し顎の生理的な動きを助けます。今までの装置は顎を固定半固定して後退しないよう保持しようとし、人が本来持っている機能を制限してしまうために廃用萎縮が伴いました。

FPは固定せず気道確保の運動をしやすくする補助装置であり廃用萎縮を起こさないことを第一に考えられています。

実際に私も自身で体験したのですが、睡眠が深くなり睡眠時間はむしろ短縮、寝起きに爽快感を伴うようになりました。

この治療の最も良い点は取り外し器具のため安価で調整、再製が利き、本人の体を傷つけず、可逆的治療法であることです。

6月17日 中日新聞 教えてドクターQ&A

6月17日 中日新聞 教えてドクターQ&A

Q

歯科衛生士です。世の中コロナ一色で歯科受診や音楽芸術鑑賞など不要不急のように言われていますが、先生のお考えをお聞かせ願えますか。

(38歳女性)

A

鼻や口の粘膜は粘膜免疫と呼ばれる防御機能が備わっており、ウィルスは喉や気管の粘膜で増殖するため、これが感染防御の最初の関門であり非常に重要です。

ウィルスに感染する人としない人がいるのは全身免疫だけでなくこの粘膜免疫も関わっていると考えられます。

口の中には多くの細菌が存在し腸内細菌と同様上手に共存しています。この適切な細菌層のバランスにより病原体の感染を防いでいますが、口腔が不衛生になり細菌が増えると一部の細菌が産み出す物質で粘膜の防御機能を破壊してしまうことがわかっています。口呼吸による乾燥や喫煙も同様の破壊を伴います。

むし歯や歯周病を予防するだけではなく、ウィルス感染や肺炎といった全身的な感染症さらに脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病などを予防するためにも、口腔ケア(PMTC)と鼻呼吸は欠かせない必要緊急、全身健康の最上流に相当すると考えてください。

音楽芸術鑑賞は全身免疫を高める為、寧ろ非常に大切ですが、3密を避け自宅でバーチャル鑑賞(Google Arts&Cultureなど)がお勧めです。

3月25日 中日新聞 教えてドクターQ&A

3月25日 中日新聞 教えてドクターQ&A

Q

私の母は85歳で、現在介護施設に入所しております。近頃お口の状態が健康寿命に影響すると聞きますが、入所中の母にもできることはありますか?

56歳男性

A

介護の有無、老若男女にかかわらずお口の状態が健康に及ぼす影響は共通です。

健康寿命に影響する重要順に

①酸素が十分に取れる環境(覚醒時も睡眠時も常時)

②お口の中の細菌量を減らす

③よく噛む

個別に説明いたします。

①心肺に適度な負担をかけるため、日中よく歩く。又良質な睡眠を取るには高さのあった入れ歯を入れるなどして睡眠時も鼻呼吸で十分な酸素を取り入れることです。いびきや無呼吸は寿命を短くします。

②理想を言えばDNAレベルでお口の中の細菌を特定し歯周内科(お薬による歯周病治療)で除菌して、入れ歯は朝晩消毒します。誤嚥時唾液中の細菌が少なければ肺炎の確率は減ります。毎週歯科衛生士の訪問を受けPMTCをすれば申し分ありません。

注釈)PMTC…プロによるお口の中の清掃

③よく噛む事で唾液分泌を促し虫歯・歯周病を予防し、脳への刺激による脳活動活性化を促進します。柔らかい食事に頼らず、あられなどの好物をおやつにするのも良いと思います。

12月24日 中日新聞 教えてドクターQ&A

12月24日 中日新聞 教えてドクター

Q

先日右上奥歯のインプラントを希望し、近医を受診しましたが、骨が薄いためできないと言われました。入れ歯は入れたくありません。他に方法はありませんか。

68歳女性

A

上奥歯の根の先には上顎洞と言う逆ピラミッド型の大きな空洞があり、人により骨が1ミリもない場合も多くインプラントには鬼門でしたが、空洞を逆に利用し骨を作る再生医療が世界中で行われています。

注釈)インプラントに伴う再生医療は現在日本では保険適用外です。

10数年前まで再生材料は自家骨(本人の腰骨)を用い、京都大学か名古屋大学で全麻下手術、2週間ほどの入院が必要でした。

現在では人工骨が主流となり、(自家骨と人工骨で再生内容に差がないことが正確に証明されています)技術と設備さえ揃えば一般開業医単独でも可能になり、患者さんの肉体的金銭的負担が非常に小さくなりました。

手術方法にはいろいろなバリエーションがあり、患者さんの持っている骨量により最適な方法が選択されます。

再生医療は決して危険な手術ではありませんが、一般的なインプラント手術に比べ、高度なスキルが要求される為、充分に信頼のおけるドクター選びは欠かせません。

9月26日 中日新聞 教えてドクターQ&A

9月26日 中日新聞 教えてドクター

Q

歯周病で歯の3分の2を失い、入れ歯を作りましたが食べ物をよく噛(か)むことができず困っています。どういった治療法がよいのでしょう。(67歳女性)

A

現状では歯が揃っていた時期と比較して、入れ歯を用いても咬合カ(噛む力)は半分以下に落ちていると想像されます。欠損歯治療は以下の3択です。カッコ内は天然歯と比べた咬合力です。①入れ歯(約30%)②ブリッジ(約70%)③インプラント(同等)

現在残っている歯も歯周病で弱っているため、ブリッジは危険(土台に用いると早期に歯を失う可能性が大)といえます。結論としてしつかり噛むためにはインプラント(保険適用外)が理想ですが、最も大切なポイントは歯周病で歯を失った事実です。

歯周病の原因は細菌ですので、現状のままインプラントを入れても早期に抜け落ちる危険性は否めません。

DNAレベルで歯周病菌の数を調べ、正確な診断の上で歯周内科(お薬で歯周病菌を除菌する治療)で除菌して細菌数が安全圏であることを確認の上インプラント治療が望ましいと考えます。

いずれにしろ現状からの回復は、時間、お金、本人のモチベーションなどかなり大変なためしっかりした医者選びをお勧めします。

院長プロフィール

滝高校、公立九州歯科大学卒業。

京都大学医学部口腔外科入局。

口腔腫瘍・顔面外傷の口腔外科専門医として多くの外科手術を担当。福井県立病院歯科口腔外科医長を経て各務原市で口腔外科クリニックを開業。

現在は、DNA検査を用いた歯周病治療や、人工骨を用いた再生医療インプラントに多くの実績を持つ。

6月25日 中日新聞 教えてドクターQ&A

6月25日 中日新聞 教えてドクターQ&A

Q

某歌手が手術をしたことで舌癌が話題になりましたが口内炎と舌癌の症状の遣いはなんですか。もし怪しいと感じた時、どこを受診したら良いのか教えてください。

A

今年の初めにマスコミで話題になって以来、同様の相談が急増しています。

実は口腔外科出身のドクターでさえ見ただけでは判断が難しく、先月当院でも急遽ドクター勉強会を開いて知識を共有したばかりです。

口内炎は痛みを伴いますが、舌癌は無痛のこともあり一概に症状の違いのみで診断ができない為、病理診断に委ねられます。

組織を少し切除し、顕微鏡検査(病理診断)をして初めて悪性、癌などの確定診断がつきます。

舌癌の大半は舌の側縁(横側)にでき、あわない義歯や被せ物が刺激となり発症する場合が多く、可能であれば口腔外科専門医を受診し、担当医の判断次第では口腔腫瘍専門医などの紹介受診をお勧めします。

大切な事は予防と早期発見に尽きますので、普段から信頼できるかかりつけ医院での定期検診を受け、不安な症状があれば相談の上早めに対応することが肝要かと考えます。

都クリニック

PAGETOP
Copyright © 都クリニック All Rights Reserved.