Q2 現在妊娠4ケ月です。私自身歯が弱かったので、歯の丈夫な子を産みたいのですが、歯の質は遺伝しますか?また、妊娠中に注意することはありますか?

妊婦さん

A

歯も人体の一部ですので、当然遺伝によってかなり左右されます。特に虫歯、歯周病、歯並び、歯の形などは遺伝の影響が少なくありません。 

歯の質にも遺伝の要素はありますが、最近になってわかってきたことでは口の中の細菌の種類とバランス、唾液の性状などが異なることが虫歯のできやすい人と、そうでない人との大きな差ではないかと考えられています。

ほとんど歯を磨かなくても虫歯にならない人もいれば、毎日3回きちんと丁寧に磨いても虫歯だらけの人がいるのは、こうした理由もあるようです。 

妊娠中の注意事項は、Q1「子どもを産むと歯がボロボロになるの?」で詳しく触れていますが、少し追加いたします。

妊娠中、母親の健康状態が悪いと、赤ちゃんの歯の硬組織(エナメル質など)が、うまく形成されず、生まれつき虫歯になりやすい歯となります。また、ビタミンAやDの不足は、赤ちゃんの歯や骨の成長を妨げます。 

これらは、いずれも遺伝とは関係ありません。

ここで大切なことは虫歯のなりやすさは多くの因子の中のほんの一部だということです。例えば食べ物や清掃といった他の因子と複雑に関係しているのです。