リアルタイムPCR法

都クリニックではリアルタイムPCR法による歯周病菌のDNA診断を開始しました。

歯周病の菌名と数を特定し、その菌に効く薬を内服、除菌して歯を抜けなくします。

PCRの会員証

DNA診断などと言うと、FBIやCSI、科捜研の様なTVドラマの世界でしか聞くこともない世界ですが、今や岐阜県の田舎でも現実の話になりました。(夢のようですね)

個人のDNAを調べるのではない

患者様個人のDNAを調べるのではなく、あくまで歯周病菌のDNA検査ですのでご心配なく。しかも歯垢を調べるだけですので、全く痛くありません。

歯周病の進行具合の診断法は保険では、歯周ポケットの深さを測るプロービング検査が主です。これは計測する歯科医師や歯科衛生士により、検査値がかなり変わります。歯周病菌によって病的な状態になり、出血しやすくなっている部分を刺激することで出血させ歯周病の程度を調べています。

最近、こうした出血を伴う検査が人体に危険であると主張するドクターも増えています。

感染微生物の除菌

都クリニックでは顕微鏡で歯周ポケット中の微生物の状態を調べ、状態に応じ抗菌剤や抗真菌剤による感染微生物の除菌を行っています。

顕微鏡で確認できるのは歯周病原因菌の一部に限られており、そのほかの悪玉菌を確認する方法が必要になりました。その方法が歯周病菌のDNA診断です。

PCR装置

都クリニックでは熊本県のMicroexam社に依頼して歯周病の原因菌の中で最も悪玉菌であると言われている3菌種のDNA診断を行うことが可能になりました。
これこそが重度の歯周病に影響があると言われている3菌種、通称Red Complexです。

所謂悪玉の親分3人集

Red Complexとは以下の菌種です。

  • Treponema denticola(トレポネーマ・デンティコーラ)
  • Porphyromonas gingivalis (ポルフィノモナス・ジンジバリス)
  • Tannerella forsythensis(タンネレラ・ファーサイシス)

重度の歯周病に影響があると言われている3菌種

この検査を行うことにより、数値の大きさで歯周病のリスクを正確に知ることができるようになり歯周病診断が劇的に進歩しました。